FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
<日 時> 平成22年1月23~24日
<場 所> 深入山
<参加者> 広島労山  9名
      佐伯山の会 7名
      佐伯FHC 1名
      やまぼうし 8名


今年はやまぼうしが遭難役で深入山に入山して待機。
新しい試みとして、救助要請第1報を隊員にメールで一斉送信した他、3名が前夜から麓まで先発するという行動を取った。
P1240251.jpg

P1240262.jpg

当日は天気がよく、ソリによる搬出もスムーズに行うことが出来た。
積雪の無いブランクセクションの処理と山域に散らばって入山する各班の連絡、連携、そして隊員の体力と技術力のアップに課題が残った。

P1240268.jpg

P1240270.jpg

午後からはアバランチトランシーバとプロービングによる埋没者捜索訓練を行って解散とした。

記録:小林
スポンサーサイト
2010.01.27 / Top↑
平成21年12~13日

参加者:広島労山  宮本、久保田、諏訪、山田、天本
    佐伯山の会 安達、溝渕、山岡、藤永、小林
    佐伯FHC 小形


季節外れの大雨の中、モンベルクラブ大山店にて中地協救助隊交流集会が開かれました。
まずは各県連より遭難事故報告と救助訓練活動報告。

nadare2.jpg


その後、日本勤労者山岳連盟雪崩講習会講師代表の中山建生さんを迎えて「雪崩はこんなに恐ろしいー事故事例に学ぶ」と題した講演会が開かれました。


nadare3.jpg



翌日は最新ビーコンのデモンストレーション。
雨は上がりましたが、寒空の下、皆振るえながらトリプルアンテナの威力に感動しておりました。

nadare1.jpg


記録:小林
2010.01.26 / Top↑
<日時>   2009年 10月4日(日)
<参加者> 佐伯山の会7名、佐伯FHC1名、やまぼうし4名、広島勤労者山の会4名  計16名
<内容>  ハイキングレスキュー

恒例の夏季救助隊訓練として三篠公民館にてハイキングレスキュー講習会を開催しました。
持っているものを使っての応急処置、搬送法を学んだ。
応急処置・・・・三角巾、ペットボトルを使い骨折時の固定方法やテーピングの巻き方etc
搬送法・・・・・ストックを使って担架や松葉杖の作り方
        雨具を利用しての背負い搬送
        ふたり以上で運ぶ吊り上げ法、支持法、ヒューマンチェーン法
PA040113.jpg
PA040121.jpg


2009.10.07 / Top↑
平成21年10月3日

場所:三篠公民館

2009年度の県連評議会を開きました。

夕刻からは懇親会も行われました。

PA030106.jpg

PA030107.jpg

PA030108.jpg
2009.10.07 / Top↑
平成21年1月24日(土)~25日(日)


留守本部:大藤隊長(広島労山)・杉山(佐伯山の会)

捜索隊 参加者 計9名
・現地本部・・小形(FHC)
・先発隊(スキー場ルート)・・金澤、安部、田部(広島労山)、森村(HWCC)
・後発隊(キャンプ場ルート)・・中井(佐伯山の会)、後藤、諏訪、児玉(広島労山)
・遭難パーティー 参加者 計7名
CL安達、小林、力本、松高、藤永、岸本、溝渕 (佐伯山の会)


搬出用ソリにて深入山から遭難者を搬出する訓練を実施。
その後、現地スキー場下にて、「雪崩発生時のセルフレスキュー」
アバランチトランシーバー(ビーコン)・プローピング(ゾンデ方法)・掘り出しの
簡単な実技訓練を行いました。

CIMG1698.jpg
2009.02.01 / Top↑
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。